住宅ローンは金利の過去の推移を見てから借りる

住宅ローンの申し込みをする前に、必ずやっておいていただきたい作業があります。
それは過去の金利推移がどのような動きをしていたか、という点をチェックすることです。
現在の金利水準が、過去最低の状態にある場合、これよりも大幅に下がる可能性は低いと言えます。
したがってこの場合は固定金利型の住宅ローンを選んだほうが有利でしょう。
また低水準ではあるものの、まだ下がっている途中かもしれないという状況の場合は、可能であれば少し様子を見るのも手です。
反対に現在が高水準にあり、今後下がっていく可能性が高いと思われる場合は、とりあえず変動金利型を選んでおくのもよいでしょう。
場合によっては後から借り換えを検討することも視野に入れてください。