住宅ローン借り換え手数料での失敗とは?

住宅ローン借り換えで失敗しないためにも、手数料等を含めた借り換えシミュレーションは大切ですね。
口コミを調べて見ると、金利の低さに惹かれて問い合わせを行って始めて手数料が数十万円にもなることに気づいたという人もいます。
また、最低金利の利用には、口座開設や、給与の振り込みに利用するなど諸条件が設定されている場合があります。
そうした条件や、手数料、団信保険料といった借り換えの必要費用を含めても節約効果があるかどうか見極め無いと、法務局から書類を取り寄せるのに2,350円ほどかかりますし、住民票なども手数料がかかりますから、ある程度ネットのシミュレーションでチェックしておく必要があります。
借り換えですと、条件はそれぞれで違ってくるので、下調べの上、無料相談で詰めていくと良いでしょう。