金利が安いデンタルローンの探し方とは?審査は厳しい?

子供の時に歯並びをイジられてコンプレックスになった、噛み合わせが悪くて顎が痛くなってきたなどの症状が出てきた方は多いはず。

でも矯正費用って高額で自分にはできないと諦めている方、スルガ銀行などのデンタルローンを活用してみてはどうでしょう。

デンタルローンとは、使用できる範囲を「歯科治療費」に限定した立替払制度です。

クレジットカード会社が患者に代わって治療費を立替払いし、患者はローンを取り扱っている信販会社に治療費+手数料を分割で支払うローン制度のことです。

また、利用するローンを決めても利用を考えているローン会社に対応している歯科医院と利用したいローンが決まっている場合は提携している歯科医院をHPでご確認ください。

歯列矯正やインプラント治療を受けようとすると高額な治療費が気になる方が多いようです。

実は、ほとんどのデンタルローンで専業主婦の方も利用ができるんです。

ただ、主婦の方ご自身名義で借りる場合には、収入のある旦那さんやご家族の方が保証人になる必要があります。

また、銀行の利用目的が自由なフリーローンとは異なり、利用は歯科治療にのみ限られているので手数料がカードローンより低く設定されていることが多く、分割回数や借入額を申込前にシミュレーションして決めることができるので、毎月の支払いに余裕ができます。

なので高額な治療費だからと諦めることはありません。

歯が抜けてしまいインプラント治療を受けようとした時に歯医者で「高額な費用がかかるから」とスルガ銀行などのデンタルローンを勧められたことはありますか?名称に「ローン」とつくだけあり、審査が必要になります。

では、信販会社はどのような項目を中心に審査基準としているのでしょうか。

まず確認する部分は年齢です。

未成年の方が原則ローンなどを利用でいないため、親名義で申し込む、もしくは親権者の承諾が必要になります。

他には、携帯料金などの支払いの遅延や債務整理をしていないかなど、いわゆるクレジットヒストリーを確認しています。

また、成人後の主婦や年金受給者の方も利用できますが安定した収入のある配偶者名義で申し込みをした方が通りやすくなります。

奨学金やスルガ銀行などのデンタルローンなど各種ローンの支払いが何ヶ月もできていない、止まっていたという経験がある方は新しくローンを組みたいという時にクレヒスが悪いと判断され申し込みをしても審査に通らない可能性が非常に高いです。

というのも信販会社は、審査時に必ず信用情報機関にクレジットヒストリーを確認します。

支払いの延滞や債務整理をしていると返済能力を疑われるためです。

クレジットヒストリーが悪いということになります。

信用情報機関にはローンやクレカの申し込み、契約時の情報、借入・返済などの情報が記録されています。

クレヒスは一部項目を除いて5年が目安で削除されているようです。

皆さんは歯医者を選ぶ時にどういった基準で選びますか?実は、歯医者ってコンビニよりも多いんです。

そのため色々選択肢があって選びにくいですよね。

そんな時に口コミサイトを参考にしています。

行こうと思っている歯科医院の設備はどうなのか、先生はどんな人なのか初めてその歯医者に行く場合にはとても参考になります。

他の選び方としては、治療内容によってどこに行くか選ぶのもありです。

例えば、歯並びの矯正を考えている場合では、治療に行く前に先にネットで利用するスルガ銀行などのデンタルローンを決めてからそのローンのHPから提携している歯医者を探すなどです。

顎が痛む・肩こりがひどい、そんな症状でお悩みの方が若い人を中心に増えているそうです。

実は顎関節症の代表的な症状なんです。

顎関節症は生活習慣病に近い側面があり、自宅で行うセルフケアが治療のメインになります。

一例として、片側だけで食事をしないようにするなどがあります。

これを実践していくことで状態が良くなることがあります。

また、噛み合わせを治療することで良くなることもあります。

噛み合わせを治す場合、治療費用が高額になることもあるため、デンタルローンを活用することをお勧めします。

その際は、利用したいローンがいくらから利用できるのかなど情報収集をしましょう。

インプラント治療など高額な治療の時に使うスルガ銀行などのデンタルローンなど使い道を限定したローンは審査が厳しいって友人から聞いたけど、本当?契約社員でも借りれる?という質問を聞いたこと、見たことがあります。

実際に審査ではどんな部分を見ているのでしょうか。

①安定した収入(職業) ②年齢 ③金融事故を起こしていないかの3点が重点的に見られます。

年齢の関係で未成年の場合は、親の名義で申し込む必要が出てきます。

また、その人に返済できる能力があるのかを収入や職業から見て、過去のローンや携帯料金について計画的に支払いできていたかを確認されます。

歯医者に行った時に、インプラント治療を提案されデンタルローンを提案されることがあるそうです。

デンタルローンの意味は、運用目的を「歯科治療費」のみに絞ったローン制度です。

細かい部分は違いますが、基本的には「住宅ローン」や「自動車ローン」と同じと想像していただくのがわかりやすいと思います。

では、申し込み時に聞かれる情報を確認しましょう①パンフレットなどの治療費がわかる書類、②安定・継続した収入(正規雇用で1年以上勤続していればあまり気にしないでいいです。

)これらの情報がローン審査の合否に深く関わります。

歯並びのコンプレックスをお持ちの方スルガ銀行などのデンタルローンの利用はどうでしょうか。

デンタル「ローン」という響きからクレジットカード会社がやっているイメージですが、銀行でもやっているんです。

例えばスルガ銀行の場合、最高限度額800万円まで借りられ、最大で120回払いの分割払いもできます。

また、治療計画を立てるのに役立つ事前審査を行っていたり、インターネット上で契約が完結するので働いている人でも銀行窓口に行かなくていいのは助かります。

歯列矯正を考えている方の参考にどうぞ。

歯医者に行って治療費が高額になる治療を受けたい時にみなさんはどのような方法で支払いますか?現金で用意が難しい場合クレジットカードを考えると思います。

デンタルローンの利用も検討しませんか?どうしてかというと、クレジットカードの分割払いとデンタルローンを組んだ時の金利差が大きいからです。

例を挙げると、三井住友VISAカードの分割手数料は12.0%から14.75%となっていますが、銀行系で扱っているローンを利用した場合、半分程度となる5%程度の手数料で借りることができます。

デンタルローンという単語を聞いたことはありますか?どういったものかというと信販会社が患者に代わって病院に治療費を立替払いし、患者は銀行などの金融機関に治療費+金利を分割で支払うローン制度のことです。

住宅ローンやマイカーローンをイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

そのため、スルガ銀行などのデンタルローンを契約するには、他のローンなどと同様に申し込み内容が問題ないか「審査」に合格する必要があります。

審査に通りやすいの方の多くは今までに利用してきたローンの返済や携帯電話料金・公共料金などの支払いに遅延がない人が多いです。

歯並びが悪い、噛み合わせが悪いとさまざまな弊害が起こります。

一方で噛むことが多くなりバランスの歪みに繋がったり、虫歯や歯周病につながりやすくなります。

また、噛み合わせはスポーツのパフォーマンスが十分に発揮できるかにも関わってきます。

陸上短距離走のクラウチングスタートを例にすると姿勢を保つために噛み締めて体をブレなくしたり、スタート直後の地面を強く蹴る時には体のブレや力を逃さないようにしています。

このように噛み合わせの良さとパフォーマンスは直接的に関わっています。

スルガ銀行などのデンタルローンを活用して治療してはいかがでしょうかその際は、毎月の返済金額に無理が生じていないか絶対に確認しましょう。

人にはいっていないけど歯並びが気になる、という方は多いようです。

歯並びの悪さは、虫歯や歯周病に繋がったり、頭蓋骨のバランスが偏り、そのバランスの偏りをカバーしようとして知らず知らずのうちに体全体に負担がかかることがあります。

歯科治療専門ローンのデンタルローンを利用して歯列矯正しませんか?歯並びがよくなることで、左右どちらかに偏ることなく均等に噛めるようになり筋肉のバランスもよくなるので顔の歪みが改善されます。

またその結果、頭蓋骨のバランスも改善され、肩こりやめまい、頭痛といった症状が良くなることもあります。

この機会に歯列矯正を検討してみてはいかがでしょう。

インプラントや噛み合わせの悪さを矯正しようと思っても治療費が全て自己負担になる自費治療では費用がネックになって治療に踏み出す決心がつきにくいですスルガ銀行などのデンタルローンを検討してみてはいかがでしょう。

また、1年間に10万円以上の医療費を支払った場合は、税務署へ確定申告することで、治療費の一部が返ってくるので領収書は取っておきましょう。

もし、申告し忘れても、5年前までならさかのぼって控除を受けることができます。

このように、さまざまな制度を活用してなるべく費用負担を軽減することもできます。

歳をとると気になってくるのが抜け歯です。

抜け歯治療でインプラント治療って聞きますよね。

でも、どんな違い、メリットがあるのか知っている人は少ないと思います。

ブリッジとは、抜けた歯があった部分の左右の健康な歯を土台にして「橋」をかけるように人工の歯を入れる治療法です。

インプラントは、歯を失った部分に人工の歯根となるネジを固定し、ネジで顎の骨に固定して、その上に人工の歯を取り付けます。

抜けた部分が連続2本以内など条件付きで保険適用可能なブリッジにするか高額だけど他の歯に影響がないインプラントにするか悩みますね。

費用の準備が大変という方は金融機関が取り扱っているデンタルローンを検討してみてください。

引用:デンタルローン審査通る?低金利で借りれる【おすすめローン3選】